交通事故に遭われた方へ

不幸にも交通事故に遭われてしまった皆様、まずは心よりお見舞い申し上げます。

交通事故は、当事者や家族にとって、肉体的・精神的な大きな負担になります。
当然まず優先させるべきことは「身体の怪我や心の傷をいかにしてケアするか」なのですが、治療の他にも、警察や保険会社との対応など必要な手続も多く大変な想いをされているかと思います。特に、事故直後は、冷静な対応ができず、頭の中が混乱してしまうのが普通です。交通事故の被害に遭うのは初めてだ、という方の方が多いでしょうから、どのように対応していけばよいか分からなくて無理もありません。

しかしながら、事故後に適切な対応を行うことが、その後に受ける賠償金に大きく影響します。事故発生後なるべく早い段階で、交通事故を専門とする弁護士に相談・依頼をすることをお勧めします。h6費用面でご心配な方は「弁護士費用特約」も是非ご活用ください。

弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所では、皆様が治療に専念して少しでも早く元の平穏な日常に戻れるよう、代理人として誠心誠意対応してまいります。

また、交通事故など不慮の事故で死亡してしまった場合の相続問題・遺産分割手続についてのご相談も承っております。h6詳細は「相続」コンテンツも併せてご覧ください。

お気軽にご相談ください。

保険会社との対応

交通事故の被害者になった場合、通常、加害者側の保険会社との交渉が始まります。
保険会社が多くの交通事故案件を取り扱い、豊富な知識・経験を持つ一方で、
交通事故に遭われた方は、初めて見聞きする事柄ばかり・・・といった状況が生まれます。
(保険会社が示談交渉のプロであるのに対し、被害者は素人であることが多い為、交通事故に関する情報の格差が大きいので、)損害賠償額、過失相殺など、保険会社との交渉自体が被害者にとって大きな負担となることも多いです。

交通事故に詳しい、法律の専門家・トラブル処理のプロである弁護士に相談することで、皆様を強力にサポートすることができます。交通事故に関する悩み(示談金交渉、慰謝料問題、人身事故や物損事故の損害賠償問題など)なら何でもご相談ください。適正な補償を目指して活動致します。

事故の加害者になってしまった場合

現代社会においては、誰でも交通事故の加害者にも被害者にもなり得ます。
交通事故の加害者となってしまった場合、民事責任、行政責任に加えて刑事責任も問われるときがあります。迅速かつ適切な対応をしてゆくことが重要です。

もし、交通事故の加害者となってしまった場合にも、お早めに弁護士に相談することをお勧めします。h6刑事事件の弁護サイトも併せてご覧ください。