後遺障害

交通事故被害の損害賠償金をきちんと受け取るためには、後遺症の認定をきちんと受けることが重要です。

後遺症認定を受けるには弁護士と主治医が連携して、正しく症状をカルテなどに記録として残していくことが必須となります。当事務所では、弁護士の交通事故の後遺症認定の知識・経験をフル活用することは勿論のこと、交通事故被害に遭われたご依頼者だけでなく主治医とも連携を取って医学的な見地による診断を得て、後遺障害認定獲得に向けて全力を尽くします。